** 陸上競技部 **

坂ダッシュ

走練習

ウォームアップ(動き作り)

2.部員数(H19.12.28現在)
 1年:8人 2年:8人(1名女子) 3年:7人

3.1年間の予定(大会・合宿等)
  
4月:県陸連記録会、春季徳山地区大会
  5月:県陸連選手権大会、県高校総合体育大会
  6月:中国総合体育大会、周南地区選手権大会
  7月:国民体育大会最終選考会、徳山地区夏季合宿
  8月:全国総合体育大会、秋季徳山地区体育大会、中国地区高校陸上競技合宿
  9月:県高校選手権大会、県高校新人大会
  10月:国民体育大会、岩柳記録会、田島直人記念大会、中国高校新人大会
  11月:県投擲合宿、県高校駅伝大会、中国駅伝大会
  12月:大島1周駅伝大会、県高校合宿
  1月:県長距離新春合宿、下松1周駅伝大会
  3月:中国地区高校陸上競技合宿

4.大会成績
 平成17年度:春季徳山地区大会総合優勝
       中国総合体育大会 個人出場
       秋季徳山地区大会総合優勝
 平成18年度:秋季徳山地区大会総合優勝
 平成19年度:春季徳山地区大会総合優勝
       中国総合体育大会 個人出場
       中国高校駅伝出場

5.部活動紹介
 陸上競技とは
 ?一部の競技を除いて、道具を一切使わない(頼りになるのは己の体のみ)
  いいラケットだから跳ぶとか、いい楽器だから音がでるということはない
 ?一部の競技を除いて、全くの個人競技(頼りになるのは己の精神力のみ)
  いいピッチャーがいるから、いいストライカーがいるから有利ということはない
 ?自分の可能性を信じ、現在の自分と向き合う
  地区予選・県大会・インターハイ、それぞれの目標はあるだろうが、目標は人それぞれ、生涯に目標の終わりはない。

6.部長の一言
 「僕たち陸上競技部は、中国大会出場を目標に下松スポーツ公園で、一生懸命練習しています。ただ走るだけの競技に思われがちですが、跳んだり、投げたり、様々な種目があって奥が深い競技です。現在女子部員もいるので男女、経験者、初心者問わずやる気がある人は大歓迎です。ぜひ一度見学に来てください」

7.部活動への質問
Q:部費はいくらかかりますか?
A:月ごとの部費などは集めていません。大会、合宿、その他必要なものを購入するたびに集金しています。必要なものとして、ユニフォーム、登録料が必ずいります。スパイク、部活ジャージ、個人用の道具は各自で購入します。

Q:なぜ学校で練習していないのですか?
A:陸上競技は想像以上に広いグランドが必要です。下松スポーツ公園には、部の倉庫や400mトラック、砂場、投擲サークル、適度な坂や芝生などがあります。学校から自転車で15分くらいの離れた場所ではありますが競技力の向上には最適の場所です。

Q:未経験者でもできますか?
A:やるき(
ハート)があれば、陸上競技以外のスポーツをしていた人も必ず伸びます。
  「足が速い、運動会リレーの選手」
     ⇒100m・110mH・200m・400m・400mH
  「マラソン大会上位、駅伝を走ったことがある」
     ⇒800m・1500m・3000mSC・5000m
  「肩が強い、投げるのが得意」
     ⇒やり投げ、円盤投げ
  「ジャンプ力がある、体操が得意」
     ⇒走り幅跳び・三段跳び・走り高飛び・棒高跳び
  「腕力に自信がある、体が大きい」
     ⇒砲丸投げ・ハンマー投げ





1.活動状況
 ○日時:平日 試合期16:00〜19:30 冬季16:00〜18:30
     土曜 午前
     日曜 完全休養日

 ○場所:下松スポーツ公園(下松高校近くの恋路プール前)

 ○目標:個人⇒「今日の自分より、明日の自分を強くする」
     団体⇒春秋の徳山地区大会総合優勝!!
        県総合体育大会入賞!
        中国大会出場!!!
 
 ○規則 ?自分の記録を覚え、目標記録を持つ
     ?チームの記録を覚え、他人との順位の比較をしない
     ?自己記録の更新を喜び、部員の自己記録を祝福する
     ?苦しい練習でこそ、お互いを高めあう
     ?体調管理ができ、けがや病気に左右されない